アカウンセル税会計事務所 公認会計士・税理士 清水 寛司 | 先生の選び方|弁護士・行政書士・税理士・社労士・司法書士の先生がおすすめする先生

弁護士、行政書士、税理士、社労士、司法書士の先生がおすすめする先生検索キュレーションサイト

「信頼につながるカウンセリングによってお客様の多種多様なニーズを把握し、高品質の会計・税務サービスを提供すること」を理念に日々業務にあたっている清水先生。大手監査法人・大手会計事務所での経験に裏付けされた高品質なサービスを提供されています。そんな先生に事務所の特徴や今後についてなどをインタビューさせていただきました。

-先生が公認会計士になったきっかけは?

学生時代に陸上部で長距離をやっていたのですが、ある時怪我をしてしまい、マネージャー業務をやっていた時期がありました。陸上には専門的な知識が必要なところがあり、私はマネージャーとして、後輩にこういう風に走った方がいいのではと簡単なアドバイスをしました。些細なアドバイスではあったものの、実際にタイムが速くなり喜んでいる姿を見た時に、専門的な知識が誰かの役に立つことを初めて実感しました。その経験から何か専門知識を活かして人の役に立てる仕事に就きたいと思い、当時興味を持っていた経済の分野で有名な公認会計士・税理士について考え始めました。資格について調べるほど、専門分野を持ちつつ様々な角度から企業や個人事業主の支えとなることが出来る公認会計士・税理士という職業に憧れを持ち、目指し始めたことがきっかけです。

-アカウンセル税会計事務所の特徴って?

M&A関係に力を入れていて、財務・税務デューデリジェンス(調査)や企業価値評価(バリュエーション)に自信を持っています。もちろん、記帳業務や税務申告をはじめとする税務サービスも自信を持ってお届けしていますが、それだけでなく、会社が重大な決断をするような場面においても、サービスを提供し続けることができる点が強みです。
若手の経営者の方の思いを汲み取れることも強みです。特にスタートアップビジネスの世界は速度が速く、専門家側にも速度と柔軟性が求められます。私自身が若いので、経営者の方に共感し、フットワーク軽く対応することができます。多くの若手経営者の方々と接していますので、色々な情報や対処方法を知っていて、その点も経営者の方にとってメリットになりえるのかなと思っています。
法人税や所得税をはじめとする税法や会計基準は、多くの人にとって難解な分野となっています。各々の状況に合わせて細かい条件への分岐を読み解き、その判断をしっかりと噛み砕いて、わかりやすく説明することを心がけています。
例えばニンジンであればスーパーに行くとだいたいの相場は分かると思いますが、会社を買いたいときにいくらが適正価格か瞬時にはわからないことが多いです。この時に、分かりやすく目安価格や会社の財務情報をお届けするのが私達の仕事です。買う・買わないを最終的に判断するのはお客様になるので、その判断に資するような、適切な情報をしっかりと届けることを大切にしています。

-今後の公認会計士についてと先生の展望を教えてください。

会計・税務業界全体については、自動化への対応がポイントになると考えています。以前は1つ1つ手作業で仕訳を記載していた会社が、今はクラウド会計などのシステムを用い、クレジットカードや預金通帳の明細、領収書の画像データを取り込み、AIが自動で記帳をする仕組みを導入しています。そういったシステムは有用だと思う反面、人の手が入らないと間違いが起こってしまう分野もたくさんあるので、会計士や税理士が知見を活かし、お客様の役に立つよう活躍できる分野を見極めていくことが重要だと感じています。
AIにすぐ切り替わる分野・時間をかけて切り替わる分野・人の手が必要な分野のように、関わる分野を切り分けて、着目分野を決めることが必要となる時代です。会計税務業界も、ただ記帳すればいいとか、ただ財務数値を報告すればいいとかではなく、そこからどう活用していくのか、財務諸表という過去の結果をもとに、未来にどう活かしていくのか、そういったアドバイザー的な業務の方に軸足がシフトしていきます。
今後に関しては、まず事務所を大きくしていきたいです。今の事務所では中堅・中小規模のお客様に対する会計税務サービスがメインとなり、大規模なお客様への定期的なサービスは対応しきれずに他の方に紹介することがあります。その際はとても心苦しく、せっかくお話をいただけたのであればお受けできるような事務所の体制にしていきたいです。そのため、100人を抱えられるような規模の事務所にして、どのようなお客様に対しても安定したサービスをご提供させていただくことを将来の目標にしています。そこまで間口を広げていくことで対応できる項目を広げていき、よりお客様のためになる業務を総合的に展開できるようにしていきたいです。

事務所紹介はこちら