税理士 | 先生の選び方|弁護士・行政書士・税理士・社労士・司法書士の先生がおすすめする先生

弁護士、行政書士、税理士、社労士、司法書士の先生がおすすめする先生検索キュレーションサイト

税理士

税理士一覧

税理士

税理士とは、納税義務者から依頼を受け、税務書類の作成や税務相談、税金の申請や申告を代理する税務の専門家です。
税理士資格を得るには、国家試験である税理士試験に合格し、2年以上の実務を行う必要があります。
または弁護士、公認会計士資格を持つことでも税理士登録が可能です。
2017年時点で、全国には7万7,116名の税理士がいます。

対応分野のキーワード一覧
税務顧問 会社設立
相続手続 税務調査
確定申告 月次決算
年末調整 税務訴訟
M&A・資金調達 国際税務
節税

経営者の心強いビジネスサポーター

一般人には複雑な申告納税制度の下、納税者に代わって税金の計算や申告を行ってくれるのが税理士です。
税務に関する代理業務の他にも、時には経営者の相談相手として、財産の運用や経営の問題などについての助言をしてくれることもあります。
国税庁管轄の税理士は、公正な立場から納税義務の適正な実現を図る、経営者のビジネスサポーターです。
また、年1回の確定申告に向けた日々の会計業務もメインの業務としていますが、税理士の独占業務ではないため、無資格者でも可能です。

税理士の専門分野

財務書類の監査証明業務は公認会計士の独占業務です。帳簿類や銀行預金などの確認作業を行い、必要があれば指導していきます。最終的に監査報告書を作成し、外部に意見を表明します。
会計業務やコンサルティング業務については無資格者でも可能ですが、公認会計士が行うことで信頼性が高まるというメリットがあります。

税理士の対応範囲

税理士資格を持つことで、行政書士の資格登録が可能です。また業務に付随していれば社会保険労務士の業務の一部を行うことができます。また税理士は、税務訴訟の際には弁護士と共に裁判所に出廷し、陳述する補佐人としての役割もあります。
上記は税理士が得意とする分野一覧です。相談内容にあったキーワードがあれば、是非税理士の先生に依頼してみましょう。