司法書士・行政書士 木村直登事務所 司法書士・行政書士 木村 直登 | 先生の選び方|弁護士・行政書士・税理士・社労士・司法書士の先生がおすすめする先生

弁護士、行政書士、税理士、社労士、司法書士の先生がおすすめする先生検索キュレーションサイト

簡易裁判所訴訟代理関係業務認定司法書士
和歌山県司法書士会総合相談センター 相談員
法テラス(日本司法支援センター)登録相談員・契約司法書士
和歌山県青年司法書士協議会 幹事

和歌山市で司法書士資格・行政書士資格を持ち、地域密着で、依頼者の相談を親身になって解決している木村先生に本日はインタビューさせていただいた。

-先生が行政書士、司法書士を志した理由は?

大学生の時に法律関係に興味を持っていたので、まず行政書士資格を取りました。
大学生の時に親しくしていた友人のご両親が司法書士事務所を経営していて、当時、法律関係に興味を持ち始めた頃でしたので、時々お仕事を見学させていただきました。その時に、先生方が仕事をしている姿を見て感化されたことが司法書士資格を取ったきっかけです。私たちの仕事は利潤を求めて仕事をするのとは別に、公共団体と協力して、無償で奉仕活動を行うことがあります。その事務所は特に奉仕活動に力を入れていて、とても勉強になりました。
また、実家が自営業をしているのですが、大学を卒業する時期に、弁護士の力を借りる出来事が起こりました。私も法律の勉強をしていたので手伝おうと思いましたが、何もすることができず、弁護士の方が全て片付けてくれました。その時に何もすることができなかったもどかしさと、専門家が親身になって尽力してくれたことによってスムーズに解決した事がすごく印象的でした。たまたまですが、法律関係の仕事をしている方と接する機会があったことがすごく大きく、親身に寄り添い問題を解決する姿と精神的なサポートまでする先生を見て、私も法律の仕事に就くことを決めました。

-司法書士・行政書士 木村直登事務所の特徴って?

当事務所の特徴は、主に高齢者の方々が認知症を発症した時や、お亡くなりになった時の相続問題、成年後見のご相談と、そういった方々のサポート、財産管理などの業務に重点を置いています。もちろん、相談は一通り受けることができますで、幅広く業務を行っています。
また、ここ和歌山市は私の地元でもありますので、お客様に寄り添った相談やサポートを地域密着型で行っています。お陰様で、ご紹介や口コミからのお客様も事務所に来ていただき、大変嬉しく思っています。

-今後の先生の展望について教えてください。

今までは業界の事など考える時間もなく、がむしゃらにやってきたなと感じています。5年10年先のことなど考える余裕もなかったのですが、ようやく腰を据えることができてきましたので、これからは長期的なビジョンを立てて行こうと思っています。
私としては、専門分野に特化するだけでなく、幅広い業務をお受けし、手続きは同じでも相談内容は依頼者様によって異なりますので、よりよい解決策を提案できるように研鑽していきたいと考えています。たくさんある事務所の中から、当事務所を選んでいただいたからには、全力で向き合っていきたいと思います。
トラブルが起こったり、身内の方がお亡くなりになられたときに、当事務所を思い出していただき、相談していてくださる方がいることをすごく嬉しく思っています。今後は2代に渡って相談していただけるようご家族との信頼関係を築いていけたらと考えています。

事務所紹介はこちら